医療脱毛で使われることの多いダイオードレーザーの特徴 | 医療脱毛ランキング!口コミおすすめ&値段が安い順で決定♪

医療脱毛で使われることの多いダイオードレーザーの特徴

医療脱毛の中でも人気のレーザー脱毛は、特殊な光をムダ毛に当てて毛を作り出す組織を破壊することができます。

それによって毛を生えないようにすることができるのですが、濃くて太いムダ毛ほど脱毛効果が高くなるということです。

 

ダイオードレーザー脱毛は波長の長い光を使用しており、その光がムダ毛のメラニン色素に反応するということです。

肌への影響はほとんどないため、火傷などの肌トラブルは起こりにくいとされています。

 

ダイオードレーザーを使った脱毛は日本人の肌に合ったマシンとされており、安全に脱毛したいという人におすすめです。

日本人は黄色人種なので白人よりもメラニンが多いのですが、ダイオードレーザーは肌のメラニンに吸収されにくいのでメラニンの多い日本人の肌でも肌トラブルが起きにくくなっています。

 

また、肌が日焼けをすると脱毛が難しいとされていますが、このマシンなら安心して脱毛することができるのです。

日焼けが原因でエステサロンやクリニックの施術を断られた人や他のマシンでは効果が出なかったという人に最適のマシンです。

 

しかし、日焼け直後は肌の炎症が起きている状態ですし、肌トラブルが起きやすい状態なので避けた方が良いでしょう。

ダイオードレーザー脱毛は他のマシンを使った脱毛方法と比べ、短期間で広い範囲の施術ができるという特徴があります。

 

医療脱毛にはレーザー脱毛だけでなくニードル脱毛という方法もありますが、この方法はかなり時間がかかってしまうというデメリットがありますし、現在ではほとんど行われていません。

ダイオードレーザーを使った脱毛の場合、ニードル脱毛よりも短期間で完了することはもちろん、他のマシンを使ったレーザー脱毛よりも短期間で完了するのです。

 

また、照射部分が四角形になっているので照射する際に隙間ができにくく、スタッフの技術によって仕上がりが左右することも少ないということです。

 

エステサロンの脱毛の場合、産毛にはほとんど効果が期待できないとされています。

しかし、このマシンには産毛にも高い効果が期待できますし、効率よく脱毛をしたいという人におすすめです。

 

また、肌に優しいという特徴もあるため、肌が弱いけど医療脱毛したいという人もこのマシンを導入しているクリニックを探してみると良いでしょう。

脱毛というと痛みが不安だという人もいるかもしれません。

しかし、このマシンを使った脱毛なら痛みもかなり少ないということです。