そもそも医療脱毛ってなに?そんな疑問を解決しました | 医療脱毛ランキング!口コミおすすめ&値段が安い順で決定♪

そもそも医療脱毛ってなに?そんな疑問を解決しました

医療脱毛は「永久脱毛としての効果が期待できる脱毛方法」となっています。

 

一つ注意点としては、永久脱毛と聞くと一本足りとも一生ムダ毛が生えなくなるというイメージを持っている人もいるかもしれません。

 

しかし、永久脱毛というのは実際にずっとムダ毛が生えなくなるというものではありませんし、施術が完了しても再びムダ毛が生えてしまうことがあるのです。

 

永久脱毛の定義はかなり曖昧なのですが、脱毛が完了して1ヵ月経った時点で毛の再生率が20%以下である場合、永久脱毛という言葉をつかえるようになっています。

 

ちなみに、医療脱毛は行われるようになってからまだ歴史が浅いため、本当に永久的な効果があるのかどうかは分かっていないのです。

 

まだ50年先や100年先などのデータはありませんが、実際に医療脱毛を受けた人のほとんどがムダ毛が無くなったと実感しているため、この脱毛方法は高い効果を期待できると言えるでしょう。

 

ちなみに、永久脱毛という言葉を使えるのは医療機関で行われる施術のみであり、エステサロンの脱毛は永久脱毛という言葉を使うことができません。

医療クリニックのレーザーの脱毛と脱毛サロンの光脱毛は何が違うの?

永久脱毛と呼ばれている医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛がどう違うのかということですが、根本的な仕組みについては変わりません。

 

大きく異なるのは「照射時の出力」となっており、医療レーザー脱毛は高い出力で施術を行うことができるのです。

 

そのため高い効果を期待できるのですが、肌への負担も大きくなります。

 

しかし、ドクターが施術を行ってくれるため、万が一肌トラブルが起きてしまった場合もすぐにアフターケアを受けられるのです。

 

エステサロンのフラッシュ脱毛は出力の低いマシンで施術を行っており、肌への負担が少なくて済みます。

 

しかし、万が一肌トラブルが起きてしまったとき適切なケアができない可能性があります。また脱毛効果がなかなか実感できないため、施術にかかる期間が長くなってしまいます。

 

ちなみに、家庭用脱毛器を使ってムダ毛処理をするという方法もありますが、これはエステサロンで使われているマシンの出力をさらに弱めたものとなっています。

医療クリニックのニードル脱毛はどうなの?

医療クリニックで行える毛穴に直接針をさして脱毛するニードル脱毛という方法を知っている方も多いかもしれませんが、この方法が現在最も脱毛効果が高いとされている方法になります。

 

ただし、毛穴に直接針を指すということからも想像できるかと思いますが、とても痛いです。私は実際にワキの脱毛をニードル脱毛したことがあるんですが、痛くて断念しました。。肌に与える刺激も強いため、肌トラブルも起こりやすいです。

 

また、1本いくらのように料金が設定されているため、高いです。部位にもよりますが1本1000円前後でやっているところが多いですね。

 

そのためニードル脱毛は、全身をレーザー脱毛してほぼ毛がない状態になったとき、最後の仕上げてとして、数本だけにやるのが効果的です。

 

ちなみに、ニードル脱毛は「医療行為」なので、脱毛サロンではしてはいけない行為になります。

 

某サロンでは電気針脱毛という施術名で、「独自に開発した技術のため針脱毛には該当しない」とし、針脱毛を行っているところがありますが、相当グレーな行為になるので、注意しましょう。