医療脱毛の用語集 | 医療脱毛ランキング!口コミおすすめ&値段が安い順で決定♪

医療脱毛の用語集

脱毛サロンや脱毛を提供する専門のクリニックでは、医療脱毛に関する色々な用語が使われていますのですので、用語集を覚えておくようにするとスムーズに会話することができるようになるので損はないといえるでしょう。

 

一回だけではなく、どうしても何回もかけて定期的に脱毛サロンやクリニックに通うことになるためです。

 

まず覚えておいたほうが良い用語をいくつか挙げていくと、脱毛の方法についてです。

 

一般的に脱毛サロンで行う施術方法は「光脱毛」と呼ばれる方法です。この方法では強い光を照射することで毛根及び毛包を焼き切って、体毛を除去するとともに発毛もさせなくすることができる脱毛方法です。

 

IPL脱毛・フラッシュ脱毛などの種類が存在します。

 

いずれも痛みが少なく思っていたよりも手軽に脱毛することができるというメリットがあります。

 

「医療レーザー脱毛」は医療用のレーザー機械を使った脱毛方法のことで、こちらは脱毛を提供する専門のクリニックで主流となっている方法です。

 

光脱毛よりも確実に体毛を除去することができます。脱毛サロンには置いていません。

 

法律により、医療レーザーの機械を取り扱うことができるのは医療関係者だけとなっています。脱毛サロンで施術を行う店舗はそれに近い設備を用いてレーザーの出力を弱めて使用します。

 

光脱毛やレーザー脱毛を行うときは、施術をする前に「冷却ジェル」を肌に塗布してからレーザーなどの光を照射する形となります。その手順を入れることで、やけどを防ぐことができ、痛みも少なくできます。

 

そのほかの脱毛方法としては「ニードル脱毛」は電気を使って脱毛を行う方法の一つです。

 

医療レーザーが登場するまでは、電気を使った脱毛が主流でした。ただ現在でも一部のクリニックなどではこの治療法も取り入れられています。

 

「非熱式脱毛」と呼ばれる方法もあります。大豆イソフラボンを利用した脱毛方法のことで、店舗が独自に配合したローションを肌に塗ってそこにオゾンを当てることで安全に脱毛することができます。

 

ただし、即効性はありません。

 

二番目に覚えておいたほうが良い用語については生えている体毛の部位は覚えておいても損はないでしょう。

 

「Iライン」・「Vライン」や「ビキニライン」についてはいずれもデリケートゾーンと呼ばれる女性の局部を表す言葉です。

 

こうした部位をしっかりと処理している女性のことを「ハイジニーナ」と呼びます。

 

生えてくる体毛には一定の周期があります。これを「ヘアサイクル」または「毛周期」と呼びます。

 

体毛には「成長期」があり、それぞれの毛穴によって成長期が異なります。そのため、体毛が生えだしたらその都度除去していくことになります。定期的に通う必要があるのはそのためです。

 

脱毛についてのメニューに関して覚えておいたほうが良い用語にはまず「部分脱毛」と「全身脱毛」があります。

 

部分脱毛は身体の一部のパーツを脱毛することで、全身脱毛は全身の体毛を除去することを指します。最終的には全身の体毛を永久に除去することも可能です。

 

契約については現在は大手の脱毛サロンにおいては「回数保証」で期間を限定せず回数で通うことができる方法が主流となっています。

 

ただ契約内容によっては「年間保証」と呼ばれる期間契約で行うこともありますので契約内容は確認しておきましょう。

 

それから、予約をキャンセルしてしまった場合には場合によっては「キャンセル料」が取られる場合もありますのでこの点も確認しておく必要があります。

 

ほかに覚えておいたほうが良い言葉としては、レーザーの打ち忘れについては生じることはたまにあります。

 

レーザーの当たっていない部分のことを「打ちもれ」と呼びます。

 

打ちもれはスタッフに申告しておくことで、再度レーザーを打ち直ししてくれることもありますので打ちもれがあったときは申告しておいて損はないでしょう。