医療クリニックの脱毛と皮膚科の脱毛は違う? | 医療脱毛ランキング!口コミおすすめ&値段が安い順で決定♪

医療クリニックの脱毛と皮膚科の脱毛は違う?

日本で、脱毛と認められているのは医療機関で受ける医療レーザーによる施術だけです。

 

エステやサロンでも施術は行われていますが、毛の生える元になる細胞を破壊することは医療行為であるために、サロンでは提供することができません。

 

そのため、細胞はそのままの状態にして施術を進めていきます。一時的にムダ毛が少なくなる効果はありますが、細胞が残っている状態なので、しばらくすると毛が再生されるという問題があります。

 

その点、医療クリニックでは毛の生える元になる細胞自体を破壊し、確実にムダ毛を減らすことができます。

 

この細胞のことを毛乳頭と呼びますが、一度破壊された毛乳頭は元の状態に戻ることはありません。

 

そのため、施術を受けた毛穴からは二度と毛が生えてこなくなるばかりか、毛がなくなるので引き締まったきれいな毛穴になります。

 

ムダ毛の自己処理を続けていると、毛穴が広がってボツボツとした状態になってしまいますが、医療レーザーでは毛乳頭を破壊することで、毛穴の悩みとムダ毛の悩みを一度に解消することができます。

 

医療クリニックというと、美容外科を想像する人が多いです。

 

広告などもよく見かけますし、ホワイトニングなどの他の施術も扱っていて、美容に対するスペシャリストという位置づけになっています。

 

しかし、脱毛の施術は皮膚科でも提供されていて、どのような違いがあるのか不思議に思う人もいるでしょう。

 

実は、クリニックと皮膚科の脱毛は同じものです。医療用のレーザーは医師がいる医療機関でしか扱うことができません。

 

そのため、サロンやエステではレーザー機器を使うことが許可されていませんが、医療クリニックも皮膚科も医師がいる医療機関であることには違いがないので、レーザーを扱って施術ができます。

 

施術の方法はいくつかありますが、世界的に見て医療用のレーザーを使った施術が一番効果的で、確実であることが分かっています。

 

毛乳頭を破壊するという施術が他にないためです。サロンやエステよりは料金が高いと言う面がありますが、その分確実で効果的な施術が受けられます。

 

スタッフも医師や看護師といった医療の国家資格を持った人達なので、お肌や毛に関しての知識だけでなく技術も高いです。

 

エステにいるエステティシャンは、資格のない人たちで、簡単な講習を受けただけでお客さんの施術にあたっているために、ヤケドなどの肌トラブルが多いという面もあるので注意しましょう。